【初心者必見!】住宅ローンの基礎知識

住宅ローン

家を購入するに当たり、数千万円単位のお金を現金で用意することは簡単なことではありません。そこで利用したいのが、住宅を購入するためのローン、住宅ローンです。住宅ローンを上手に活用して、夢のマイホームを手に入れましょう。

ローンとは?

まずは基本として、ローンとは一体何なのでしょうか。ローンとは英語の「Loan」のことで、意味としては、融資・資金を融通する、ということになります。日本語のローンは、在宅資金などの融資のことを意味することが一般的です。

ローンの種類

ローンの種類も豊富にあります。ここで紹介する住宅ローンの他に、学生ローン・オートローン・ブライダルローンなどがあります。カードローン・フリーローンという使いみちが自由に使えるローンもあります。

住宅ローンとは?

住宅ローンとは、これから購入予定の住宅を担保にしてお金を借りるローン商品のことを言います。 金利は他のローンと比べて低めに設定されていますが、返済期間が30年以上ほどと長いのが特徴といえます。返済期間が長いため、他のローンと比べると毎月の返済額が少なくなります。

住宅ローンを借りる際に利用したいのが、「住宅ローンシミュレーション」です。住宅ローンシミュレーターを使うと、毎月の返済額、借り換えをする場合、借入限度額などの疑問を解消することが出来ます。シミュレーターは目安としての利用となりますが、自分の年収や希望の借入額などから答えを得ることができます。各シミュレーションを行った後に、繰越返済についても追加で研鑽することができるものもありますので、最大限に活用しましょう。

住宅ローン申込者

住宅ローンの申込者の条件を見ていきましょう。

他のローンと同じく、住宅ローンも借入時の年齢が20歳以上です。ほかローンと異なるのが、申込者年齢の上限があることです。先程も述べたように、住宅ローンは返済期間が長く、35年ほどが一般的です。そこから逆算すると、35年ローンを組むことが出来る年齢の上限は45歳前後と言えます。そのため、75-80歳がローン完済時期の条件とされている場合が一般的です。

審査に必要な書類

審査に必要となる種類は主に3種類あります。

  1. 本人確認資料 (住民票の写しなど)
  2. 収入関連資料(源泉徴収票など)
  3. 物件関連資料(売買契約書など)

借入先により、審査に必要な書類は異なりますので、借入先に問い合わせをして確認しておきましょう。

無理なく返済しよう

住宅ローンの返済期間は30年以上と長いのが一つの特徴です。返済期間が長いため、返済期間中に何が起こるかわかりません。

例えば、年収ダウンの可能性です。返済期間が長いため、その間に不況やリストラなどで、自営・会社員などの職業にかかわらず、年収がダウンしてしまう可能性も有りえます。年収ダウンの可能性も考慮して、余裕を持ったローンを組みましょう。定期的にローンの見直しをしていくことも大事と言えます。

費用

住宅ローンの利用でかかる費用は、購入した家の価格の他に、諸費用がかかります。事務手数料、印紙代、登記費用、保証料などが諸費用として徴収されます。

住宅ローンの金利タイプ

住宅ローンの金利タイプには3つあります。

金利変動あり

固定金利期間選択型

借入当初の金利は、一定期間は変わらない

変動金利型

返済期間中定期的に金利の見直しが行われる

メリット:金利が低地おきに支払う利息は少なくなる

デメリット:金利変動の影響を受けやすい、金利上昇の可能性が出てくる

金利変動なし

全期間固定型

借入当初の金利が全期間中変わらない

メリット:金利の変動がないので、支払い送金額が変わらないため将来のライフプランが立てやすい

デメリット:金利の変動がないので、金利が低い状態でも高い利息を支払うこととなる

金利変動・一定型、双方ともにメリット・デメリットがありますので、自分の経済状況を考えて、適切なタイプを選びましょう。また、金利変動あり・なしどちらを選ぶかで、追加で、適合証明書交付手数料、団体信用生命保険料がかかる場合がありますので、事前にきちんと調べておきましょう。

まとめ

住宅ローンを利用する際には、返済の負担を抑えるために、完済時の状況や家庭の安定性を考慮し、借入金額や返済期間を決めていきましょう。

最近ではインターネットで申し込みのできる住宅ローンも多数あります。シュミレーションもインターネットで行えることができるので、最大限に活用しましょう。