フリーローンとは?カードローンの違い徹底解説

カードローン

ローンにもいろいろな種類があります。フリーローンとはどのようなものなのでしょうか。

フリーローン

フリーローンとは、利用目的の制限がないローンの事を言います。フリーローンに対して使われる言葉として、目的別ローンがあります。目的別ローンは、住宅・ブライダル・学生ローンなど、借入れたお金の使いみちが決められているローンのことを言います。

借入れ目的の制限がないということは、借入れたお金の使いみちは自由、つまり利用者次第ということです。ただし、カードローンと同じく、フリーローンは投資目的や事業資金としての利用をすることは出来ません。

カードローンと異なる点は、借入を繰り返して行うことは出来ない、ということです。2回目以降に融資を受ける場合は、再度審査を受けなければなりませんので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

 

フリーローンとカードローン

金利の違い

フリーローンの金利は、カードローンと比べて一般的に低めに設定されていることが多いといえます。借り入れ先の銀行・借入額によって金利の設定が異なります。金利が低いと、その分を毎月の返済分として充てることができるので、メリット言えますね。

借入回数の違い

先程のフリーローンの説明部分にも出てきましたが、フリーローンの場合、借入を繰り返して行うことが出来ません。申請した金額を1度だけ借り入れすることが出来ます。カードローンの場合は、決められた範囲内の金額であれば、何度でも借入を行うことが可能です。その点ではカードローンは便利といえます。

フリーローンは、審査を通過し、融資を受けた後は返済するのみとなっていますので、借入を繰り返すことなく、返済に集中することが出来ます。2度目以降にお金の借入を行いたい場合は、再度申込みをし、審査を受け、審査通過後に融資を受けることが出来ます。初回申し込み同様の審査時間がかかりますので、2度目なのでお得、といったようなことはありません。

事務手数料の違い

フリーローンの場合、契約時に事務手数料がかかる場合があります。事務手数料の金額や有無は、借入先によって異なりますので、公式ウェブサイトで情報入手を行う、もしくは、直接電話・店頭で確認を行いましょう。カードローンの場合、事務手数料は発生しません。

フリーローンのメリット 

フリーローンのメリットを見ていきましょう。

借入資金の使いみちが自由

フリーローンの最大の特徴は、借入れたお金の使いみちが利用者次第という事です。借入先によって、利用目的に関する書類を提出しなければいけない場合があります。借り入れる前に、確認をしておきましょう。

金利の設定が低め

フリーローンの金利は一般的に10%以下と言われています。金利が低めですので、ほかローンと比べ、審査は厳し目と言われています。カードローンと異なり、複数社の借入をまとめたり、借り換えを行う際に利用したりすることも出来ます。

借りすぎを防げる

カードローンと異なり、繰り返し借入をすることが出来ませんので、借金を重ねることがありません。カードローンで知らない間に借金がだるま式に増えていた、というような事もありませんので、借金が増えがちになってしまう人にはフリーローンのほうが向いていると言えるでしょう。

フリーローンのデメリット

カードローンと比べると契約にかかる時間が長い

一般的な話ですが、申込みから実際に融資を受けるまでに1週間以上かかることが多いようです。審査自体が3営業日前後と表記がある場合もありますが、3日後に融資が行われるわけではありませんので覚えておきましょう。即日融資可能なフリーローンはほぼありません。即日融資の場合はカードローンを利用しましょう。

2回目以降の融資にも時間がかかる

カードローンの場合、決められた融資額内で何度でも借入を行うことが出来ますが、フリーローンの場合は1度しか借りることが出来ません。2回目以降は、再び書類提出、審査を通過する必要があります。

まとめ

フリーローンのメリットとデメリット両方しっかりと理解し、自分にはフリーローン、カードローンどちらかが向いているか比較しましょう。

フリーローンは借金がだるま式に増える事を防いでくれますので、多重債務に陥ることもありません。

金銭の自己管理に不安がある人には、一度借入れた後は返済に集中することができるフリーローンを安心して利用することができますので、おすすめできます。

スポンサーリンク