バレずにカードローンを利用する方法

バレずに借りる

カードローンの利用を家族や同僚には絶対にバレたくないという方も多いはず。

カードローンの申込みや借入れをしたことを内緒にするには、どういった点に気をつけるべきでしょうか。この記事では、バレやすいポイントと対策について説明したいと思います。

バレるポイント

カードローンがバレるケースを前もって理解することによって、あなたに合った借り方を見つけましょう。よくあるバレるポイントは以下の通りです。

  • 本人確認の電話を家族が受ける
  • 会社の在籍確認の電話で怪しまれる
  • 郵送物を家族に見られる
  • 自動契約機や店頭窓口への出入りを目撃される

本人確認の電話は携帯を指定

本人確認の電話は自宅の電話番号にしてしまうと、自分で電話を取れない場合は家族にバレてしまいます。間違っても自宅の電話番号を提出しないようにしましょう。

自分の携帯電話さえ登録しておけば自宅の電話にかかってくることはありません。

在籍確認はできれば書類で

カードローンの審査には、必ず在籍確認というものが含まれ、申し込み時に記載した勤務先にあなたが所属しているか確認します。

業者名を名乗ることでトラブルになることもありますので、大体の場合は、個人名でかけてくるカードローン業者がほとんどです。

本人が電話に出てようやくカードローン審査の在籍確認であることを伝えられますので同僚にはバレません。本人が不在でも「◯◯は席を外しております」という返答を確認できれば、在籍確認が完了となります。しかし、敏感な同僚や上司であれば、怪しまれるリスクがあるでしょう。

そこで強い味方のなるのが、書類での在籍確認を行っている業者です。

勤務先を確認できる書類(「社会保険証」「給与明細」「源泉徴収票」など)の提出によって、会社に在籍していることを確認してくれます。会社の同僚に絶対にばれたくない場合には、書類での在籍確認を行っている業者を選びましょう。

郵送物はなるべく避けたい

カードローンの利用がバレる原因の多くが、業者からの郵送物です。自分でどれだけ気をつけていても、自宅にいない時に届いた郵便物でバレてしまいます。

消費者金融側も郵送物がトラブルのもとになることは承知しているため、封書の差出人に業者名を記入することはありません。大手各社が記載している差出人名義は以下の通りです。

  • アコム: ACサービスセンター
  • アイフル: AIセンター
  • プロミス: 事務センター
  • SMBCモビット: MCセンター

敏感な人であれば、この郵送物を手にした時にどう思うのでしょうか?疑ってしまいますよね。いくら差出人が業者名でなくても、カードローンは郵送物は無しにするのが一番です。

ウェブ完結を活用する

在籍確認や郵送物を避けるには、「ウェブ完結」をお勧めします。ウェブ完結ということは、カードローンの申し込みから契約までパソコンやスマートフォンで完了でき、キャッシングカードすら発行されないので郵送もありません。自動契約機や店頭窓口への出入りを目撃されるリスクも無いです。

契約まではウェブ上で手続きできても後日キャッシングカードや明細書などを郵送する業者もありますので、「電話連絡・郵送物無し」か、しっかり確認してから申し込みましょう。

ウェブ完結でも100%バレないわけではない

ウェブ完結にも落とし穴はあります。

「電話連絡・郵送物無し」の完全なウェブ完結の場合、融資方法は預金口座への銀行振込みのみです。通帳の管理は家族がしている、または通帳を頻繁にみられるという方はバレる可能性があり、要注意です。

もちろん、業者も封書の差出人と同様に振込人名義には配慮ししている業者、家族が不審に思って「ACサービスセンター」と検索してしまうとアコムで借入したことが一瞬でバレてしまいます。

通帳を見られる可能性がある人は、自分専用の銀行口座を開いておくことがポイントでしょう。

まとめ

どんな方法でカードローンの融資を受けようとしても、完全に証拠をゼロにすることはできません。しかし、申込時に郵送無し、在籍確認の電話無し、と相談していれば、カードローン会社は、最大限に配慮してくれるでしょう。

どれだけバレないように気をつけたとしても、返済に遅れてしまえば、郵送物無しと伝えていても問答無用で督促状が郵送されます。必ず返済日までに返済を済ませるように心がけましょう。