キャッシングが出来ない?

 

お金をキャッシングしようとしたら、エラーになる?
このような場合、いくつかの原因が考えられます。

お金が必要なのにキャッシングができない時

カードローンの場合

原因1:返済遅れ

返済の遅延がある場合、キャッシングは不可能です。
返済の遅れや滞納がある場合は、すぐに返済を進めていかなければいけません。

原因2:限度額

限度枠内いっぱいいっぱいに借りている場合はそれ以上借りることはできません。
また、契約時の限度額が変わる場合もあります。

原因3:他社で滞納

他社カードローンで滞納をしている場合もキャッシングができない場合があります。

原因4:ATM

自分が利用しているローンカードに対応しているATMかどうかをまず確認しましょう。
次に、利用時間も確認します。
コンビニATMは全国にありますが、自分が持っているカードに対応していないATMを利用してもキャッシングはできません。

スポンサーリンク

 

返済しているのに利用できない?

返済をしたのに利用できない場合、返済が反映されてないという可能性があります。
金融機関により異なりますが、返済が反映されるまでに時間がかかる場合もあるということを頭の片隅に入れておきましょう。
常に限度額ギリギリ、返済日ギリギリで返済を行っていると、緊急時に現金を引き出すことが難しくなってきます。

クレジットカードの場合

原因1:返済遅れ(キャッシング枠)

カードローンと同じく、クレジットカードのキャシングに返済に遅れがある、滞納している場合はキャッシングはできません。

原因2:返済遅れ(ショッピング枠)

クレジットカードのショッピング枠の返済が遅れている場合にもキャッシング枠に影響してきます。
クレジットカードの返済は、ショッピング枠とキャッシング枠とまとめて1つとして返済が行われます。

ショッピング枠、キャッシング枠、どちらの返済が遅れた場合も、クレジットカード全体の遅延として扱われますので注意してください。

原因3:そもそもキャッシング枠がない

クレジットカードのキャッシング枠は自動的に付帯されるものではなく、申込みの際にキャッシング枠利用の申込みが別途必要です。
キャッシング枠では審査があり、信用度にあった金額が限度額として設定されます。

キャッシングができない場合の対処法

キャッシングができない場合には

  • 返済する
  • 余裕のあるときには繰り上げ返済を行う

この2つがまず最初の対処法です。
キャッシングができない場合の第一の原因は「返済が滞っている・遅れている」というものだからです。

次に、きちんと全額返済した上で、利用限度額の増額申請を行うのも一つの手です。

慌てず確認

キャッシングができない場合、焦らずに利用している金融会社の会員ページで利用状況を確認しましょう。
また、登録しているEメールアドレスにお知らせがきていたり、郵便物で書類が届いていることも考えられます。

まとめ

キャッシングができない場合に考えられる理由と対策をみてきました。
なぜ利用ができないのか、冷静に考え、会員ページなどで利用状況をチェックすることが大事です。
利用できない理由がわかった後、その原因を解決するために動きましょう。
借り入れを行うと、返済は必ずしなければならないということを忘れずに利用しましょう。

審査緩め即日融資を探す

広告