カードローンはメリットたくさん!使ってないと損してる?

カードローンはお得

 

カードローンを利用する際にはメリット、デメリットがあります。
本記事ではカードローンのメリットとデメリット、またカードローンを利用していないと起こりうるデメリットも見ていこうと思います。

カードローンのメリット

カードローンのメリットはたくさんあります。

使いみちに制限なし

生活費・レジャー費・教育費など、借りたお金の使いみちは基本的に自由です。
(事業に関係があるものには使えません。)

借入方法が選べる

借り入れ方法を選べるのもメリットの一つです。
ATMから引き出す、自分の口座に振り込みなど自分に合った方法で借り入れが可能です。

返済方法も複数から選べる

借りたお金を返済する場合の返済方法も複数から選ぶことができます。
例として、銀行振込、店頭、インターネット上などが挙げられます。
自分に合った返済方法を選ぶことができるのは嬉しいですね。

返済日を選べることも

カードローンによっては、返済日を選ぶことができます。給料日に近い日を返済日に設定し、返済をスムーズにすすめることもできます。

限度額内なら何度でも

カードローンの契約時に決めた利用限度額内であれば、何度でも借り入れを行うことができます。ただし、残高がない場合は不可能です。

スポンサーリンク

消費者金融カードローンの場合

メリット

大手消費者金融のカードローンの大きなメリットは

  • スピーディーな審査
  • 即日融資に対応
  • 無利息期間を行っている大手消費者金融もある
  • インターネット上で完結できる大手消費者金融もある

このようなメリットが挙げられます。

銀行に比べると大手消費者金融の審査はスピーディーで即日融資にも対応しています。申し込み時間により即日融資ができない場合もありますので、借り入れを考えている際にはいつまでに申し込めば即日融資が可能か調べておきましょう。

また、初めて利用する人に「無利息期間」を設けている大手消費者金融も多くあります。
無利息期間:一定期間無利息で借り入れすることが可能。利息を払う必要はありません。

デメリット

大手消費者金融カードローンのデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

・年率が高めの設定

借入金額が大きいと、利息額が膨らむ可能性があります。

銀行カードローンの場合

メリット

銀行カードローンのメリットは

  • 低金利の傾向
  • 「総量規制」ではなく、銀行法が適用

銀行カードローンは消費者金融カードローンと比べると低金利で借り入れができる傾向にあります。
借入額が多く、借入を長く行いたい場合に、低金利で借りることができるのは最大のメリットではないでしょうか。

また、銀行カードローンは「総量規制」、借り入れは年収の3分の1までという法律は適応されません。その代わり、銀行法という法律に沿って運営されています。

デメリット

銀行カードローンのデメリットは

  • 審査時間が長い傾向
  • 即日融資には非対応
  • 無利息期間はない

などが挙げられます。
銀行カードローンを借り入れる場合は即日融資は不可能です。急な出費でお金が必要な場合などに銀行カードローンは不向きといえます。

カードローンを持っていないと損?

カードローンを持っていると、急な出費に対応することができます。
カードローンを持っている=使わなければいけない、ということではありません。
定期的に利用しなくても、いざという時にカードローンがあると便利です。契約時にカードの発行手数料もかかりません。

まとめ

カードローンは使いみちに決まりがなく、いざという時の出費に役立ちます。
カードローンは各金融機関によりメリット・デメリットがあり、数も多くあります。自分に合ったカードローンを見つけることが大切です。
借り入れを考える場合は、返済のことまでしっかり考え、プランを立てて借り入れを進めていきましょう。

審査緩め即日融資を探す

広告

 

 

カードローンはお得