賢い返済方法とは?カードローンの返済方法を徹底解説

カードローン返済

カードローンの審査に合格し、希望の金額を借り入れできたからといって安心してはけません。その後に待っている「返済」を忘れないでください。

借りた後に「どうやって返済するの?」という状態にならないよう、カードローンを申し込む前には必ず返済方法について学びましょう。

4つの返済方法

ATMやキャッシュディスペンサー

カードローン会社が発行したATMやキャッシュディスペンサーから返済します。金融機関のATMや提携ATM(コンビニやスーパーなどに設置されたATM)を利用できます。

特にコンビニATMの場合は24時間受け付けている事が多く、毎日忙しい方でも早朝、深夜に返済できるので大変便利です。カードローンの利用を誰にもばれたくないと思っている方にはアドバンテージ。通帳に返済の記録が残りません。

メリット

・ATMによっては24時間返済可能

・コンビニやスーパー、駅などに設置しているATMが利用でき利便性がよい

デメリット

・中には手数料がかかるATMがある

・カードローン会社のキャッシュディスペンサーに入るところを知り合いに目撃される可能性がある

インターネット(ネットバンキング)

インターネット経由で返済します。パソコン・スマホ・アプリなどを使って返済出来るので場所を選ばずとても便利な方法となっています。ネットバンキングから返済出来るカードローンの例として、新生銀行カードローンレイク、みずほ銀行カードローンなどがあります。

通帳記入をすると、返済の記録が残ります。

メリット

・ネット環境さえあれば、時間や場所に縛られずに返済できる

・24時間365日返済手続きが可能

デメリット

・ネットに慣れていない人は利用開始までに手間と時間がかかる

・振り込み手数料を負担しなければいけない

口座振替(口座自動引き落とし)

返済用の銀行口座を登録することで、自動で引き落とされます。通帳記入すると記録が残ります。

メリット

・うっかり返済し忘れてしまうことが起こらない

・ATMや振り込みの手続きなどの返済の手間がかからない

デメリット

・銀行口座に充分な残高があることを必ず確認する

カードローン会社の窓口

カードローンを申し込んだ銀行や消費者金融の窓口に直接出向き返済します。

メリット

・心配事などがあれば、窓口のスタッフに相談できる

デメリット

・店舗に出向く時間がかかる

・営業時間が限られる

・窓口に入るところを知り合いに目撃される可能性がある

カードローン利用の流れ

1. 借入の申し込みをする

2. カードローンの審査に通る

3. 融資を受ける

4. 返済日や返済方法を確認する (お知らせメール・インターネット上の会員ページ・郵送物など)

5. 約定返済日までに、約定返済金額を返済する

※約定返済日とは、契約上で決められた毎月の返済金の支払日を指します。約定返済は「やくじょうへんさい」と読みます。

必ず約定返済日を守ってください。どのような理由であれ、返済が遅れると、「遅延」という記録が残ってしまい、金融事故扱いになる可能性があります。ブラックリストとなると、将来、各種ローンやクレジットカードに申し込みたいと思っても借入審査に通れなくなってしまいます。また、返済日の翌日から遅延損害金が加算されていき、最終的な返済金がどんどん増えていきます。

賢く返済するポイント

1.返済方法に口座振替(口座自動引き落とし)を設定しよう

口座から自動引き落としするようにすれば返済期日を忘れ、うっかり支払い忘れたということが起こりません。

2.手数料無料のATMを利用しよう

ATMでの返済を選んだ場合、ATMによっては手数料が発生する場合があります。手数料は一般的に100円から200円ほどですが、少額だと侮ってはいけません。塵も積もれば山となり、余計な出費になってしまいます。

提携ATMを使うと手数料がかかるケースが多いようです。各社状況は違いますので、不明な場合には必ず借入したカードローン会社に確認しましょう。

3.返済期日を給料日の翌日に設定しよう

返済期日を自由に選べることは珍しくありません。給料日翌日に設定することで、返済日当日にお金がないという状況を回避できます。期日が決まっている場合もありますが、その場合は給料日に近い日付を設定することで、返済遅延を防ぐことが出来ます。

4.繰り上げ返済で返済総額を減額しよう

毎月の最低返済金額以上に返済することができます。カードローンの金利は日割り件さんとなっています。余裕のある月にいつもより多めに返済することによって、支払うはずだった利息がなくなり、返済総額を減らすことができます。

繰り上げ返済はご自分の都合の良い時にできます。あまり無理せず、臨時収入があった場合などに活用しましょう。

返済が困難になったらどうする?

返済が困難になると分かったら、すぐにカードローン会社と連絡を取りましょう。返済日延長の対応をしてくれることがあります。

返済の遅延が起こると、信用情報機関で延滞記録が共有されてしまうだけでなく、怖いからといって放置しておくと法的措置を取られる場合があります。最悪の場合は裁判所による財産の差し押さえが行われることもあります。

返済不能になっても借入した金額は踏み倒しはできません。カードローン会社と相談しても返済に目処がつかない場合は、債務整理も一つの手です。