【徹底解説】カードローンの返済について

カードローン

カードローンに申込み、審査を通過した後に実際の融資を受けますが、融資を受けた後には「返済」をしなければなりません。返済と一口に言っても、返済方法等が数種類あり、お金を借り入れる以前に、返済についてきちんと把握しておくことが重要です。

カードローンの返済種類

カードローンの返済、といいますが、実際には2種類あります。

約定返済

毎月決められた期日に返済を行うタイプです。カードローンにはこのタイプの返済が多い傾向にあります。借入総額に応じた金額を指定された日付(約くてい返済日

随時返済

いつでも返済可能なタイプです。決められた期日はありません。臨時にお金が入ったときなど、経済的に余裕ができた時に返済を行うことが一例として挙げられます。その他、利息の軽減をはかるために今月は多めに返済する、などの方法もあります。

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法には下記の4種類があります。

ネットバンキング

最も利用者が増えていると言われる方法です。インターネットを利用し、ネットバンキングから返済を行います。パソコンに限らず、スマホ・アプリを使って返済を行うことのできる場合もありますので、利便性に長けていると言えます。

ネットバンキングから返済できるカードローンとして知られているのが、新生銀行カードローンレイク、みずほ銀行カードローンです。ネットバンキングからでも通帳記入を行えますので、通帳記入を行った場合は返済の記録が残ります。

ATM

カードローン専用のATMもしくは全国のコンビニに設置されているATMから返済する方法です。ATMの設置されている場所まで出向く必要がありますので、返済期日を覚えている方にはおすすめです。

全国のコンビニに設置されているATMを利用する場合は、24時間受け付けが多く、時間に関係なく返済できるので、時間に限りのある人にもおすすめです。通帳に返済の記録が残ることもありませんので、誰にも知られることなくカードローンの申込み・返済をしたい人にも便利な方法と言えます。

銀行振込

銀行に出向き、振込を行い返済する方法です。振込手数料がかかりますので、利用者は減少傾向であるようです。通帳記入をすると、記録が残ります。

店頭窓口

カードローンの申込先である、銀行や消費者金融の窓口に実際出向いて返済する方法です。現在ではインターネットを利用したネットバンキング(上記)の利用者が増えており、店頭窓口に実際出向いて返済する人は減少しているようです。

カードローン返済の流れ

カードローン返済の流れとして、

融資を受ける → 返済日を確認 → 返済日までに返済 という流れになっています。

返済日の確認は、お知らせメール・インターネット上で確認・郵送物で確認などの方法があります。

返済する際には必ず約定返済日までに、約定返済金額を返済しましょう。返済が遅れそうな場合には必ず借入先に連絡を入れておきましょう。万が一返済が遅れてしまうと、遅延記録が残ってしまい、これから先のローンの申込みに支障をきたす場合も考えられます。

返済への疑問

Q. 返済が困難になった場合は?

返済が困難になった場合はすぐに借入先会社に連絡を取りましょう。

Q. 返済ができなくなった場合は?

返済を長期間怠ると、上記にも述べたように、遅延記録が残ってしまいます。最悪の場合、法的措置が取られ、裁判所により財産差し押さえが執行される場合もあります。そのような状態に陥る前に、借入先会社に連絡を取り、任意整理等の措置を取りましょう。

Q. 返済がおくれてしまった場合は?

返済が遅れてしまった場合、数日だから大丈夫、などと軽く考えずにしっかりと借入先に連絡を入れましょう。カードローン会社から催促の電話がかかってくる前に自ら連絡を取ることが重要です。

返済を進めていくためのポイント

1.延滞を防ぐ

返済期日を自分で設定できる場合は、給料日の翌日に設定しましょう。給料日の翌日に設定することで、返済日までに給料を使い切ってしまうことを事前に防ぐことができます。延滞をしてしまうと、遅れた日数分金利がついてしまいます。

2.手数料無料のATM

ATMにも種類があり、手数料を取られてしまうATMもあります。手数料といっても100円~のものが多いようですが、毎月利用していると、まとまった額になってしまいます。自社ATMを利用することで、手数料が無料になることがありますので、おすすめです。大手消費者金融の場合には駅の構内や周辺に自社ATMが設置されていることが多くありますので、事前に調べておきましょう。

まとめ

返済についての基礎知識を紹介しましたが、流れはおわかり頂けましでしょうか。借りたお金は借金としてとらえ、きちんと毎月返済することが非常に重要となります。インターネット上にある「返済シュミレーター」を使って、借り入れ前から返済について考えるようにしておきましょう。