親が元気なうちに考えたい介護ローン

介護ローン

介護ローンという名前を聞いたことが有る方も多いのではないでしょうか。日本では高齢化が進み、介護が必要な高齢者の方々も増え続けています。介護には精神的な負担はもちろんですが、経済的な負担もかかってきます。

そのような負担を軽減するために利用を考えるのが介護ローンです。介護ローンについて詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

介護ローンとは?

介護ローンとは、目的別ローンの一種です。目的別ローンですので、借入金の目的は介護に関すること、と限定されます。

借入金の使いみちとして以下があります。

  • 介護施設への入所一時金など (遠距離介護の交通費など)
  • 介護用品や機器の購入、もしくはレンタル資金(介護ベッド、紙おむつなどの消耗品など)
  • 介護ヘルパーへの支払い

※注意※ 介護ローンは、介護に関する費用を借入することができるローンです。病気や怪我による医療費、薬代などに充てることは認められていません。医療費に関するローンは、医療ローンというものがありますので、そちらを考慮しましょう。

公的な貸付としては、生活福祉資金貸付制度などがありますが、利用者が限られてきます。申込者の年齢の制限があったり、申込みから融資まで長期間に及ぶ場合もあります。

介護ローンに申し込める人

申込者の条件

  • 申込時に20歳以上~65歳未満
  • (ローン返済時に70歳未満もしくは75歳未満であることが条件となっている場合もあります)

  • 継続した安定した収入がある人
  • (返済を行うために安定した継続的な収入が必要です)

  • 同居・別居は問わず、介護が必要な人の親族。介護が必要=要介護状態をいいます。
  • (要介護状態の認定:保険会社が定める認定。公的介護保険の要介護認定の基準は異なりますので、確認しましょう)

介護ローンの金利

介護ローンの金利は変動金利です。2%~4%台とほかローンに比べても低い金利設定となっています。変動金利なので、金利が上る可能性もあります。申込みの際にしっかりと確認をしておきましょう。

借入金額

10~500万円が一般的と言われています。

借入の期間

介護自体が長期に渡るため、7~10年程度が一般的と言われています。返済期間は金融機関によって異なります。

保証人と担保

保証人と担保、両方共不要で借入が可能な場合もあります。

申込先

申込先は、銀行・信託銀行・信用金庫などの金融機関です。

申込み方法

他のローンと同じく、インターネット・郵送・窓口・FAXで申し込みが可能です。介護ローンシミュレーション、仮審査、借入可能額診断ができるツールを公開している銀行もありますので、問い合わせをしてみましょう。インターネット上でシミュレーションを出来る場合もあります。

介護ローンを上手に利用する

介護ローンを上手に利用すれば、一度にまとまった金額が必要になった場合も、月々に文采することが可能です。金利設定は低いですが、利息は発生しますので覚えておきましょう。銀行により、金利優遇措置が設定されていることがあります。対象として、年収の下限、勤続年数の下限がある場合もあります。

介護ローンを組めない場合

介護ローンは金利が低めに設定されています。金利が低めの場合、審査は厳しくなる傾向があります。返済能力に関する審査が特に厳しいと言われており、安定・継続した収入が大事となります。

介護ローンを組めない場合は、銀行や消費者金融が扱っているカードローンに申し込むことも出来ます。金利は高めに設定されていますが、審査は一般的に介護ローンよりはゆるく、即日融資が可能な場合もあります。

まとめ

公的な介護保険と比べ、介護ローンは融資が受けやすい傾向があるといえます。銀行や消費者金融のフリーローンと比べても金利が低いのも特徴です。1つの金融機関で融資を受けれなかった場合も、別の金融機関やプランを選ぶと審査に通り、融資を受けることが出来たという場合もありますので、諦めずに別ローンに申し込んでみるのも一つの手です。

介護ローンは医療費としては利用できない場合がほとんどです。医療費に利用したい場合は、医療ローン、もしくはカードローンへの申込みを考えましょう。

金融機関では窓口、Eメール、電話などで問い合わせを随時受け付けていますので、まずは気軽に相談をすることが大事です。  

スポンサーリンク