【情報開示をしてみよう】自分の「信用情報」を知る方法 

ブラックリスト

「信用情報」という言葉を知っていますか?カードローン、クレジットカードへの申込みを考えている人は必ず知っておかなければいけない言葉です。

現金を持っていなくても買い物が出来るという仕組みに必要不可欠な信用情報とはどのようなもので、どのように管理されているのでしょうか。

信用情報とは何だろう?

信用情報とは、個人の信用を客観的取引事実に示す情報のことを言います。取引事実の内容として、クレジットカード、カードローンなどの取引に関する契約内容・返済・支払い・利用残高などの状況が含まれます。現金を利用せずに買い物や支払いをすることが増えてきている近年、期日までにお金を支払うという個人の信用に基づく取引を信用取引と言います。

信用情報は、新しくクレジットカードに申し込みをする際、カードローンを利用する際に、カードローン会社やクレジットカード会社が「信用力」を確かめるための参考情報として使われます。「信用力」を唯一表す情報が、信用情報と言えるでしょう。

信用情報は個人情報と異なり、思想・趣味・信条などの情報は含まれていません。登録されている内容は、社員採用事前審査やDM発送などに利用することは禁止されています。

スポンサーリンク

 

信用情報の管理はどのように行われているのか?

信用情報は個人情報を含む大切なものです。管理にも万全の体制がしかれており、個人情報保護法、各種実務指針、ガイドラインに沿って漏洩や滅失の防止が取り組まれています。

第三者機関による定期的な審査も行われ、情報セキュリティの強化も行われています。

自分の信用情報を知りたい!

自分自身の信用情報を確認したい場合は、信用情報の開示請求を行うことができます。

信用情報機関は3社あり、各情報機関により問い合わせの仕方が異なりますので、下記を参考にして、自分の状況にあった問い合わせを行いましょう。情報の管理期間は情報機関により異なりますので、各機関のウェブサイトを参考にしてみてください。

JICC(日本信用情報機関):消費者金融関連の情報開示

請求方法

  • インターネット(手数料1000円)
  • 公式サイトを利用。結果は郵送。

  • 郵送 (手数料1000円)
  • 公式サイトでフォームに記入、もしくは印刷して記入。結果は郵送。

  • 窓口(手数料500円)
  • 東京、大阪いずれかの開示センターで請求。結果はその場でもらえます。開示センターの近くにお住まいでない場合は、上記の2つの方法を利用しましょう。

CIC(株式会社シー・アイ・シー):クレジットカード・携帯電話・信販関連の情報開示

請求方法

  • インターネット(手数料1000円・クレジットカード一括払い)
  • 公式サイトにて必要事項を記入をすると。結果はその場で即時閲覧できます。

  • 郵送(手数料1000円・ゆうちょ銀行発行定額小為替証明書)
  • 申込書に記入をして郵送。結果は申込み後から10日前後で郵送されます。

  • 窓口(手数料500円・現金)
  • CIC窓口にて請求。結果は即時閲覧可能。

全国銀行個人信用センター : 銀行・日本覚醒支援機構関連の情報開示

請求方法

  • 郵送(手数料1000円・消費税+送料込 ゆうちょ銀行発行定額小為替証明書)
  • 情報開示請求の際には本人確認書類が必要となります(住所確認ができるもの、個人番号の通知カードは無効、有効期限内のもの)。

速達や簡易書留で結果を受け取りたい場合は、申込書に貼る郵送方法の部分に必ずチェックを入れておきましょう。速達の場合は、280円分の切手を同封し、申込書の欄外に「速達希望」と記載しておきましょう。 

*請求方法は郵送のみですので注意して下さい。

情報開示請求の際の注意点

開示請求は個人情報扱いのため、「本人」の開示請求のみが可能です。家族や親戚などの情報を開示請求することはできません。

何らかの都合で本人以外が開示請求をする場合は、本人もしくは法定代理人の委任状が必要となります。

まとめ

カードローンやクレジットカードに申し込みをお考えの人の中には、自分が「ブラックリスト(信用情報に事故情報が登録されている状態)」に載っているのではないかと非常に恐れている方も多いかもしれません。

ブラックリストとして登録されると利用に様々な制限がついてしまったり、その情報が業者間で共有されてしまうため、解除されるまでは他の業者でも借入審査が通ることが難しくなります。

カードローンやクレジットカードの審査が不安な人は、自分の信用情報を予め確認しておくのも一つの手とえいます。結果を確認することで不安も取り除くことができますし、信用情報にキズができていた場合は、今後の審査に対する対策をすることができます。信用情報に問題有りの場合は、ローンやクレジットカードの新規申し込みは控えましょう。

信用情報は審査をするための参考資料であり、審査の全てではありません。現在の借入額が多額の場合は、ほかローンの申込みに支障をきたすこともありますので、新規申し込みの際には多会社から借入をしないように心がけておきましょう。