知っておきたい!クレジットカード審査

クレカ審査

クレジットカードを作る際にはなるべく上限金額が多いほうが助かりますよね。通常のクレジットカード、ゴールド、プラチナム、ブラックなどまでステータスが高いクレジットカードを持つためには、「信用力」が大切になります。
今回はクレジットカードの審査について見ていきたいと思います。

クレジットカード審査のポイント

クレジットカード審査でポイントとなる点は下記の4点です。

資産・財産

クレジットカードの申込者の信用力を「財産」で判断する審査基準です。
財産は担保となります。土地、住宅、自動車などを所有している場合、クレジットカードの支払いが滞った場合でも資産を売って支払い費用に充てることができると考えられます。

返済力

クレジットカードの申込者の信用力を「属性情報」から判断する審査基準です。

属性情報とは?

属性情報とは、年齢や職業、収入を指します。

スポンサーリンク

 

職業・勤務先・勤務年数

信用力のある人とみなされる職業は

  • 医師、公務員、弁護士など
  • 上場企業や大手企業に勤めている人
  • 勤務年数が長い人(同じ職場)

このような職業や条件が「信用力がある」と判断されます。

年収

年収を見る場合、最低でも100万円以上の年収があると「信用力がある」と判断される傾向にあるようです。

高ステータス「ゴールドカード」の場合は?

ゴールドカードは一般カード以上の信用力が必要です。

収入

ゴールドカードの年収基準は、カード発行会社により異なりますが、年収200万円~350万円ほどが必要なようです。
ゴールドカードは一般カードと比べると限度額も大きくなりますので、その分返済力も求められます

勤続年数

勤続年数が長いと、勤務先も安定しているので継続して安定した収入が得られると考えられるからです。

決済金額

ゴールドカードの審査では、決済金額が高額なクレジットヒストリー(利用記録)がある場合は信用力があるとみなされます。

更に高ステータス、プラチナ・ブラックカード

プラチナ・ブラックカードと呼ばれるカードは「招待制」となっています。定期的に高額決済を行い、優良顧客であると認められると招待状が届くようです。

まとめ

クレジットカードの審査に通るには「信用力」が大変重要となってきます。
自分の信用力に自信がない人は、個人信用情報を開示してみるのも良いでしょう。個人信用情報は個人信用情報機関に問い合わせをし、自分の個人信用情報を開示請求をすることができます。
信用力をアップさせるには、まず一般的なクレジットカードを作り、定期的に利用、返済をしていくことをおすすめします。優良なクレジットヒストリーを作ることが第一歩です。

クレカ審査

審査緩め即日融資を探す

広告