延滞やブラックでもお金を借りれる金融業者とは?

カードローン

過去にローンの支払いに関するトラブルがあった人は、「きっと私はブラックリストだからお金が借りれない」と心配ではありませんか?

ブラックリストに載ると、確かに、大手の銀行でお金を借りようと思っても断られる可能性が高いですが、実は業者によっては融資可能のところもあります。ブラックリストの人にとって、どの金融業者に申し込むかの見極めが大変重要なのです。

カードローンでの借入は無理と思い込んでいる人も、探せば借入できる業者が存在するのです。予想外の出費でピンチに陥った時に困らないよう、この記事では、ブラックでも借りれる可能性のある業者をご紹介します。

スポンサーリンク

 

ブラックリストとは?

「ブラックリスト」とは、正式な言葉ではなく、実際には「ブラックリスト」という名のリストは存在していません。信用情報機関に金融事故の情報が登録されることを、分かりやすく「ブラックリストに載る」と一般的に言われています。

☝無職の人でもお金を借りる方法まとめ

☝専業主婦がお金を借りる方法まとめ

「信用情報」「金融事故」とは?

「信用情報」とは、各種ローンの借入審査やクレジットカードの審査時に利用される情報です。氏名や生年月日、住所、電話番号、勤務先などの基本的な個人の属性情報に加えて、クレジットカードやカードローン、キャッシング等の契約・返済状況が記載されています。

特に重要項目とされているのが、過去の「金融事故」の記録です。「金融事故」として記録に残る主な例は以下の通りです。

  • 各種ローンの返済延期
  • 携帯電話の支払い延期(本体を分割で購入した場合)
  • 奨学金の返済延期
  • 債務整理(自己破産、任意整理、個人再生)
  • 代位弁済(本人に代わって保証会社が返済した状態)
  • クレジットカードの返済延期
  • クレジットカードの多重申込

信用情報に問題があると、カードローン審査やクレジットカード審査に通りにくい状況であると言えます。反対に、信用が高い人は審査に通りやすい状態であるのに加え、融資の上限金額が大きくなり、低金利で借入れできる等、条件も良くなります。

信用情報は誰が管理しているの?

カードローン会社は、自社の所有する記録のみ把握しています。カードローン申込者が過去に他社で借入を行っている場合には、他社での借入総額や返済状況は分かりません。申込者の調査する際には、信用情報機関を介して信用情報を獲得します。

信用情報機関とは、個人の信用情報を加盟するクレジットカード会社やカードローン会社から収集して管理し、加盟会社からの照会に応じて情報提供を行なう機関です。日本国内では、3社の信用情報機関が存在します。

  1. 日本信用情報機関(JICC)
  2. 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  3. 全国銀行個人信用センター(KSC)

自分の情報を確認したい場合、簡単に開示請求を行うことが可能です。

日本信用情報機関(JICC)

加盟会員のうち約65%が消費者金融であることから分かるように、主に消費者金融関連の信用情報を扱います。その他にも銀行やクレジットカード会社、信販会社等の会社も加盟しており、国内最大の信用情報機関となっています。

インターネットまたはスマートフォン

公式サイトから開示請求する。結果は郵送で受け取る。

郵送

公式サイトから申込みフォームを取得し、必要情報を記入する。結果は郵送で受け取る。

窓口 

東京か大阪の開示センターで請求する。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

主に、信販・クレジットカード・携帯電話関連を取り扱います。

インターネット 

公式サイトにて必要事項を記入する。結果は即時に閲覧する事が可能。

郵送 

申込書に記入する。結果は申込み後から10日前後郵送で受け取る。

窓口 

CIC窓口にて開示請求する。

全国銀行個人信用センター(KSC)

銀行や日本学生支援機構の信用情報を扱います。

郵送

請求方法は郵送のみで可能。2種類の本人確認資料が必要となります。
2種類のうち1つは現住所確認ができるもので、個人番号の通知カードは不可です。有効期限内であることに気をつけましょう。

開示請求は本人のみ可能

金融事故情報は、誰にも知られたくない超個人情報です。個人情報保護法という法律で守られており、第三者が誰でも開示請求できるものではありません。本人の開示請求のみ可能です。

たとえ家族で会っても信用情報を請求することはできません。本人以外が開示申請する場合には、本人・または法定代理人の委任状が必要となります。

ブラックリストでも借りれる金融業者とは?

銀行系ローンは厳しい

銀行カードローンは低金利で借り入れできますが、審査が厳しい傾向にあります。特に銀行系ローンの場合は、金融事故情報を非常に重視した審査となります。つまり、金融事故情報が記載されている申込者が審査に通過する可能性は非常に低いと言えます。

ローンなどの支払い延滞の場合は5年、自己破産の場合は10年ほど個人信用情報機関に記録が残ります。銀行系ローンにこだわる場合は、ブラックリスト入りしてから5~10年期間をおいてからもう一度申込みを考えるべきでしょう。

消費者金融から借入をするのがベター

消費者金融からお金を借り入れる場合は、金融事故の記録が残っていても、現在定職についており一定の収入がある人であれば借入できるチャンスはあります。

過去の情報より、現在の情報を重視して審査判断を行う中小消費者金融会社もたくさんあります。「定職について一定の収入がある」ということと、「現在ローンやクレジットカードの返済延滞がない」という人はさらにカードローン審査に通りやすいといえます。

消費者金融から借入を行う場合は、審査が厳しい・甘いだけを重点的に見ず、信頼できる消費者金融を選ぶことが大切です。不当な闇金業者からは絶対に金銭の借入を行わないことが重要です。

大手よりも中小の消費者金融会社を狙う

大手消費者金融のカードローン審査は、銀行カードローンの審査よりは甘く、審査に通りやすいと言えるでしょう。

しかし、アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットなどのいわゆる大手消費者金融であれば、審査時に信用情報機関を利用しているため、現時点でブラックリストの人はその事実がばれてしまいます。

そこで注目すべきは、中小の消費者金融会社です。過去に金融事故を起こした人でも、現在定職に就いていれば借入できる可能性が上がります。中小の消費者金融会社の中には、過去の金融事故を重要視せず現在の状況を見て審査判断をする会社が多いのです。独自の審査基準を設けている業者も多く、大手ではなかなか審査に通らないような人でも、審査に通ることがあるのです。

現時点で以下の基準をクリアしていれば、審査に通る可能性が高いと言えます。

ポイント

・定職に就き、一定の安定した収入があるか

・延滞した借金の返済が終わっているか

中小の消費者金融会社の審査では、「返済能力があるか」を見て融資の判断をします。過去の金融事故が決着しており、かつ現在の収入と借入の状態に問題無いか、という点が大切です。

闇金と中小消費者金融の違いは?

中小消費者金融を探す際に一番の不安となるのが「闇金かどうかの判断がつかないこと」にあります。

大手消費者金融であれば、テレビのCM、広告など私たちの普段の生活で目にする機会が多く、闇金ではないことは一目瞭然でしょう。反対に、中小消費者金融となればその知名度は低く、申し込もうとしている金融業者が闇金なのか正規の消費者金融なのか、どのように判断すればよいでしょうか。

正規の消費者金融であるか見分けるポイントは貸金業者としての登録番号があるか、という点です。偽物の登録番号を使う闇金もありますので、必ず金融庁で検索してみてください。

どの消費者金融から借りればいい?

消費者金融会社と一口に言っても多くの会社があって、どのように選べば良いのか悩むのではないでしょうか。

下記のポイントを押さえて比較を進めていくと良いでしょう。

限度額

限度額は会社によって異なってきます。以前のコラムでもでてきた、総量規制という法律により、借入額は年収の3分の1までと決まっていますので、限度額はその人の年収によって異なってきます。そのため、限度額は消費者金融を比較する際に重要なポイントとは言い難いですが、一応の目安として抑えておきましょう。

金利

お金を借り入れる際に多くの人が重要視するのが金利ではないでしょうか。金利には上限・下限が表記されていますが、適用されるのは「上限」が多いため、比較の際には上限をみましょう。消費者金融の場合、一般的には「年18.0%」という数字を見ることが多いと思います。余談ですが、大手消費者金融のプロミスの場合は年17.8%と設定されています。わずかですが、低く設定されています。

審査スピード

消費者金融の場合は、審査スピードが早いと言われています。「最短30分・即日融資」などという文字を目にしたことがあるのではないでしょうか。平日に申し込んだ場合のほうが、土日祝日に申し込んだ場合よりもスムーズに進むといえます。

ブラックリストの記録は消せるか?

ブラックリストから消えるまでの期間

ブラックリストから消えるまでの期間のことを「信用回復期間」と言います。ブラックリストに載ってしまうと、5~10年は金融事故情報が残ることが大半です。ブラックリストに載る理由により、5~10年と幅があります。返済延滞と債務整理では、信用回復期間が異なるわけです。

個人信用情報機関によって異なるブラックリスト登録期間

金融事故の情報が登録される先として、個人信用情報機関が3社あります。3社それぞれブラックリストの登録期間が異なります。以下の表にまとめてみました。

ブラックリストに載る原因となった金融事故の種類

CIC

指定信用情報機関

JICC

株式会社日本信用情報機関

KSC

全国銀行信用情報センター

61日以上延滞

5年

1年

5年

3ヶ月以上連続延滞

5年

5年

5年

自己破産

7年

5年

10年

債務整理

5年

5年

5年

強制解約

5年

5年

代位弁済

5年

5年

年数はすべて最長年数です。このように信用情報機関により、同じ金融事故でも、ブラックリスト掲載期間が変わります。

ブラックリスト入りする最多の理由

ブラックリストに載る原因として最多なのが、クレジットカード・カードローン、そして携帯電話本体代金分割払い返済などの遅延です。携帯電話は、通話料等ではなく、本体の分割払いのみがブラックリスト入り対象となり、最近増加傾向にあります。

返済がスムーズに行われていない、催促状が届いても支払わない場合に、返済状況に異動、つまり事故情報が記載されます。支払いは1円でも10万円でも金額は関係ありません。支払いが遅れた事実は変わりません。返済金額に関係なくブラックリストに載ってしまいます。

返済日から61日以内に返済した場合には、ブラックリストに載る確率は低くなりますが、返済が遅れた事実に変わりありません。そのため、信用力がないという判断材料になる可能性がありますので、きちんと返済を行いましょう。

クレジットカードの強制解約

クレジットカードが強制解約されると、異動情報として個人信用情報機関に記録されます。期間としては、2-3ヶ月返済を滞納もしくは延滞すると強制解約される確率が上がります。

また、クレジットカード会社により、社内ブラックというクレジット会社社内情報としてブラックリストに記録が残ります。この場合、社内でのブラック情報は消えることはありません。A社カードを所持している場合、A社の社内ブラックリストにのってしまうと、その後はA社発行のカードを作れなくなります。

ブラックリストは訂正可能?

ブラックリストに誤って情報が記載されている場合は、正式な手続きを行い、訂正・削除することができます。ブラックリストには時効がありませんので、一定期間が立てば借金が0になるわけではありません。返済を行わない限り一生ブラックリストに載ったままになります。

スポンサーリンク

 

まとめ

ブラックリスト入りした場合、消費者金融に申し込むほうが、銀行系ローンよりは審査に通る可能性が高いといえます。

ブラックリスト入りした人でも救いの手を差し伸べてくれる消費者金融は多くありますが、手当たり次第に借入の申し込みをせず、必ず金融会社を見極めてから借りるようにしましょう。闇金や違法経営をしている金融会社からは絶対にお金を借りてはいけません。