専業主婦はカードローンを利用できるのか?

専業主婦でも借りれる

専業主婦でも借りることが出来るカードローン・利用できるキャッシングはあるのでしょうか。今月お金が足りず、借りたいけれど、自分自身の収入がない・・・というだけで諦めていませんか? 

この記事では、専業主婦でも借りれる借入方法をご説明します。

専業主婦で借入ができる仕組み

自分自身の収入がない専業主婦の方々でもお金の借入ができる仕組みとして挙げられるのが、専業主婦=職業と認められている、ということがあります。お金の借入に限らず、書類を記入する際の職業欄に「専業主婦」とあるのを目にしたことが有る方も多いのではないでしょうか。

専業主婦には収入源がありませんが、配偶者が一定の収入を持っていれば、それを収入としてみなすことが出来ます。つまり、配偶者の収入が返済元となるわけですね。自分自身では収入源がない場合でも、配偶者の収入=返済元があれば、お金を借りることができる、という仕組みとなっています。

専業主婦が借り入れることが出来る借入先は?

お金を借りる、と一口に言っても、借入先は銀行ローン、消費者金融と大まかに分けて2つあります。専業主婦が借入できる先は、銀行カードローンのみです。なぜ消費者金融で借りることができないのでしょうか。

消費者金融は、法律で「年収の3分の1まで」の金額を貸し付けることが出来る、という総量規制に沿って貸付を行っています。専業主婦自身にはもともと収入がありませんので、貸付を行うことが出来ないわけです。

銀行系カードローンの場合は、銀行法という法律に沿って貸付を行っている銀行から借り入れるため、総量規制に触れず、専業主婦の方々でも利用可能となっています。ただし、貸付額の規制を行っている銀行もあるので、事前に調べておきましょう。

銀行系カードローンのメリット

インターネットで申込可能

最近では申込みから融資までインターネットで可能な銀行もあるようです。また、即時に融資を行っている場合もあり、急な出費があり、借入を行いたい場合に大変便利です。仮審査をネット上で行うことができるローンサイトもあります。本審査を受ける前に、仮審査で自分が申込者として基準を満たしているか確認できるのも便利ですね。

プライバシーが守られる

銀行系カードローンの契約は、配偶者の同意書やその他書類を提出する義務もなく、配偶者や家族宛に電話や郵便物が届くこともありません。第三者に口外禁止のプライバシー配慮が義務となっているからです。家族に知られずにお金を借り入れることが出来るもの魅力と言えます。ただし、本人宛に郵便物や電話がある場合はありますので、申込みの際に確認しておきましょう。郵便物のかわりに、Eメールを受け取ることが出来る場合が多いようです。

金利が低めの設定

消費者金融に比べると、銀行系のカードローンは金利が低めに設定されていることが多いようです。借入額が多いほど、金利も下がる仕組みとなっていますが、借りすぎには要注意です。低金利で、借入限度額が多いというのが、消費者金融との大きな違いで、100万円以上の借入が比較的行いやすいとされています。

自動貸越

自動貸越とは、預金口座からキャッシュカードでお金を引き出す際に、自動的にお金が貸し出される機能が付属しているものをいいます。自動貸越機能のついたカードローンについては、借入先に事前確認しておきましょう。

自動融資

自動融資とは、支払いの際に、預金口座の残高が不足し、引き落としが出来なかった場合に、自動的に自分の銀行カードローンから預金口座へ足りない金額分が融資されることを言います。公共料金等の支払いをうっかり忘れていた場合などにとても便利なシステムといます。

まとめ

毎日の暮らしの中で、急な出費や、家族との旅行などの娯楽費に少しお金が必要だ・・・などという場合、専業主婦の方でも借りることができる銀行ローンを紹介しました。

自分名義で借入を行うので、家族にも借入情報が知り得ることもありません。配偶者の一定の安定した収入を証明することで、自分に収入がないという専業主婦の方でも安心してお金の借入を行うことが出来ます。

借入の際には、事前にしっかりと下調べを行い、比較をし、自分にあった銀行カードローンを選びましょう。最近ではオンラインで返済シュミレーションを行うことが出来ます。借入を行う際には、返済のことまでしっかりと考え、自分の返済能力に見合った金額を借り入れるようにしましょう。

スポンサーリンク