学生専用ローンと一般カードローンの違いとは?

学生ローン

学生でも旅行をしたり、急な出費があったり・・・お金が必要になることってありますよね。学生であっても借りることのできるローンはあるのでしょうか。

学生でもOK!学生専用ローン

学生専用のローンが存在します。これは、教育資金として融資を行う教育ローンや奨学金ではなく、消費者金融が学生を対象に融資を行うものです。中小規模の消費者金融で提供されています。

条件は? 

学生でも借りれるローンは存在します。借り入れが可能な条件として、満20歳以上で毎月定期的・一定の収入があることが挙げられます。収入、はアルバイトでももちろん可能です。

満20歳以上、という条件ですので、高校生以下の方は申し込むことができません。

審査は?

審査の基準は、借り入れ先の会社によって異なってきます。先ほど出た条件を満たした方が対象となります。家に固定電話がある場合は、携帯やスマートフォンのみを持っている場合に比べて、審査で有利になることがあると言われています。

申し込み時に必要なものは?

実際にローンに申し込む際には、運転免許証、学生証のコピー、本人確認書類が必要となります。本人確認書類は、パスポートや健康保険証等のことを言います。

借り入れ金額が高額の場合は、収入(アルバイトなど)を証明する書類や、公共料金(水道・ガスなど)の支払いを証明する書類が必要な場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

一般的なカードローンとの違い

カードローンと学生ローンの違いとして、貸し付け対象が異なります。一般のカードローンは、年齢や職業を問わず安定した収入を持つ人を対象としており、学生ローンは主に大学や専門学校に通う学生を対象としています。学生ローンもカードローンの一種ですが、対象を学生に限定したキャッシングサービスといえるでしょう。

学生専用ローンのメリットとは?

融資を受けやすい

学生に特化したローンで、他のローンと違い、低収入でも比較的簡単に融資を受けることができると言われています。

借り入れ目的に縛りがない

学生専用ローンは借入目的が自由です。住宅ローン、自動車ローンなどは借り入れたお金は名前の通り、住宅への支払い、車に関する支払いに限られています。学生専用ローンは旅行、楽器購入費、生活費、学費、など自分が必要なことに関してお金を使うことができます。

家族・親戚からの同意は基本的に必要ない

学生ローンの申し込み、審査、実際の融資まで、家族の同意は必要ありません。他の人に知られることなくお金の借り入れができます。

学生専用ローンのデメリットとは?

学生専用ローンのデメリットとして挙げられるのが、ATMでの借り入れ・返済ができない、返済方法が少ない、金利は低くない、大きなデメリットはこの3つと言えます。

返済方法は?

学生専用ローンの返済方法は、その他のローンと比べると少ないと言えます。

来店、現金書留で郵送

主な返済方法としてこの2つの方法となります。現金書留の場合は、郵便局から送るため、郵便局の営業時間内に済ませる必要があります。来店の場合も同じく、店舗の営業時間内に済ませる必要があります。

返済日はしっかりと把握し、お知らせメールが来るように設定しておくことも重要と言えます。

元金自由返済を利用

毎月金利だけ払い、元金は自分の都合の良い時に払うことができると言うものです。一見便利なシステムのようですが、完済までの期間が長くなると、負担にもなりかねません。元金自由返済を利用する際には計画的に進めていきましょう。

金利

学生専用ローンなので、大手の消費者金融よりも金利が低めに設定されているのでは、と思うかもしれませんが、金利が目立って低いわけではありません。金利は上限、下限と両方記載されているのが普通ですが、ほぼ上限の方が適応されます。

その他のデメリット

臨時返済する時に毎回「電話連絡」が必須。例えば毎月の返済+臨時でお金が入ったので毎月の返済とは別日に追加で返済をしたいと言う場合は電話連絡が必要となります。

オペレーターとのやりとりがあるので、時間も取られてしまいます。

まとめ

お金を借入れる際には、計画的に、そして自分の返済能力をきちんと把握してから借入れるようにしましょう。これは学生専用ローンに限らず、全てのローン、借金をすることに関して言えます。学生は勉強するのが仕事のようなものです。返済に追われて、学業がおろそかになってしまっては身も蓋もありません。

返済を確実に行い、完済すれば、社会人になった後にローンを組む場合にローン履歴として良い記録が残っており、借り入れがスムーズに行うことができます。

逆に、返済遅延などのマイナスな記録が残らないように、しっかりと毎月返済を行なっていきましょう。

借り入れの際には、きちんと政府で登録している貸金業者からお金を借りるようにしましょう。闇金や街金からお金を借りることは絶対にしてはいけません。

スポンサーリンク