大手消費者金融5社を比較してみた

消費者金融

審査が早く気軽にお金を借りれるサービスとして人気の消費者金融カードローン。有名どころと言えば、アコムとプロミス、アイフルが有名です。

いざ利用とするとなると業者が複数あって、どの業者を選んで良いのか分かりませんよね?この記事では、「結局どの消費者金融がいいの?」と思っている方の悩みを解決すべく、利用者の多い消費者金融5社を各項目ごとに比較してみます。

消費者金融選びに困っている人や、申し込み前の最終確認としてお使いください。

代表的な消費者金融を徹底比較

今回は、以下5社を比べてみます。

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • ノーローン

比較する4つの項目は以下の通りです。

  1. 審査と融資までの時間
  2. 金利と借入限度額
  3. 無利息期間
  4. 審査通過率

審査と融資までの時間を比較

各社の審査完了までと融資完了までの時間を比較してみましょう。

 業者名 審査完了まで 融資まで
アコム 最短30分 最短1時間
プロミス 最短30分 最短1時間
アイフル 最短30分 最短1時間
SMBCモビット

最短30分

(10秒簡易審査も有り)

最短即日可能
ノーローン 最短20分 最短即日可能

さすが、消費者金融業界のTOP3です。アコム、プロミス、アイフルは、審査最短30分・最短1時間融資が可能となっています。ノーローンの審査時間最短20分は、カードローン業界最短です。

SMBCモビットでは、本審査前に「10秒簡易審査」を実施し、借り入れできる可能性の有無を短時間で確認できるようになっています。

金利と借入限度額を比較

各社の金利(年率)と借入限度額を見てみましょう。

 業者名 金利(年率) 借入限度額
アコム 3.0~18.0% 800万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アイフル 3.0~18.0% 500万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 800万円
ノーローン 4.9~18.0% 300万円

初めての借入の申し込みする場合、借入限度額は大体100万円以内に設定されることが多いと言われます。100万円以下の場合だと、基本的に上限金利が適用されることになりますので、金利を基準に消費者金融を選ぶ時には、上限金利を基準にして考えましょう。

上限金利を見ると微差ですが、他者に比べてプロミスが有利のようです。高額の借入を希望する場合には、限度額が高いアコムやSMBCモビットがおすすめです。

無利息期間を比較

消費者金融で借りるメリットの一つとして「30日間無利息」などのサービスが充実していることです。お金を借りる時には金利が気になると思いますが、30日間無利息サービスを利用し、30日以内に完済すれば利息はかかりません。

お得に借りれるチャンスです。金利をチェックすると同時に、各社の無利息期間を確認しましょう。

 業者名 無利息期間 利用条件
アコム 30日間
・初めての利用であること
・返済期日を「35日ごと」にする
プロミス 30日間
・初めての利用であること
・メールアドレス登録
・Web明細利用
アイフル 30日間 ・初めての利用であること
SMBCモビット 無利息期間なし – 
ノーローン 7日間 ・何度でも利用可能

消費者金融での一般的な無利息期間は30日間です。ノーローンでは、最初の1週間は無利息、完済した翌月以降も1週間無利息が利用できます。何度目の借入れでも無利息サービスが適用されるので、小額を短期間で返せる目処のある人にとって、魅力的なサービスです。

審査通過率を比較

 業者名 新規貸付率
アコム 45~50%
プロミス 42~47%
アイフル 42~48%
SMBCモビット
ノーローン

アコムでは、約半数の人が審査に通っています。これは大手消費者金融の中でも高い数字です。信用度が低い人は限度額を下げて対応しているようで、そのため、この結果となったようです。

各社の特徴一覧 

アコム「むじんくん」

全国に1,000台を超える台数が設置されているアコムの自動契約機「むじんくん」。

むじんくんの一部では、カードローンの利用だけでなく、ACマスターカードのクレジットカードをその場で即時発行することができる機能が装備されています。このクレジットカードにはショッピング限度額が300万円まであります。

借入限度額が800万円と高めに設定されているのもアコムの特徴です。総量規制によって、借入できる金額は「年収入の3分の1」と決まっているため年収の高い方だけのメリットかもしれません。

プロミス「Web完結」

プロミスでは「Web完結」に対応しています。申込みから借入までの手続きをインターネット上だけで済ませることができる便利な契約方法です。インターネット環境さえあれば、時間や場所に縛られず手続きを行うことができます。面倒な来店手続きや郵送物の受け取りも必要ありません。

プロミス「瞬フリ」

「瞬フリ」とは、24時間365日対応の振込サービスです。手続きから融資にかかるまでの時間は最短10秒というリアルタイムでお金を借りることができるものです。

プロミスの会員向けのサービスで、ジャパネット銀行もしくは三井住友銀行の口座を持っていることが条件となります。振込手数料は0円ととてもお得。深夜・土日も対応しているので、急に借入が必要になった時に即時の振込融資が受けられます

アイフル「てまいらず」

「てまいらず」は無人契約電話ボックスです。ボックス内の受話器を通じて、オペレーターと通話ができます。オペレーターに相談しながら申し込み手続きを行うことができるので、初めての借入で不安を感じている人にとっては安心のサービスでしょう。

通話中に審査結果がわかり、契約内容を確認して手続きは完了です。備え付けの発券機からカードローン専用のカードが発行され、併設されたATMからすぐ借入を行えます。

SMBCモビットの「Web完結」

SMBCモビットでもWeb完結に対応しています。WEB完結を利用すれば、在籍確認である勤務先への電話連絡を省けるところが特徴です。

SMBCモビットでは通常の申し込み時に、本人確認のための「身分証明書」と勤務先確認のための「健康保険証」の提出が求められます。WEB完結の利用には、その2点に加えて「収入を証明できる書類」と「三井住友銀行または三菱UFJ銀行またはゆうちょ銀行の普通預金口座」が必要になります。

ノーローン「1週間無利息」

ノーローンの最大の特徴は、何度でも「1週間無利息」が受けられる点です。他社の消費者金融では、初めて利用する人のみ、と制限している中、ノーローンは初回以降の申込者にも1週間無利息のサービスを行っています。完済した翌月も変わらず、1週間無利息サービスが利用でき、利用回数にも制限はありません。少額融資で短期利用ならノーローンがお得です。

まとめ

まずは、あなたが何を重要視しているか考えてみましょう。「利息」「融資までのスピード」「借入限度額」など、人によって重要なポイントは異なるはずです。

今回例に挙げた大手消費者金融以外にも、世の中には中小消費者金融が多くあります。初めて聞く名前の業者であれば、面倒でもインターネットで正規の業者であるか確認できてから申し込みをしましょう。