地獄から抜け出す解決策とは?

闇金

借入できる業者は全て利用し、これ以上借りる所が無くなった人が思いつく場所は闇金でしょう。お金を調達しなければならない窮地に陥った時、人は通常の心理状態ではいられません。

「借入できるならどこでも良い」「とにかく今すぐ現金が欲しい」と焦る気持ちが先行し、借りた後の生活のことまで考える余裕はなくなるでしょう。この記事では、どんな理由があろうともサラ金からはお金を借りてダメということを念押したいと思います。

闇金とサラ金(消費者金融)の違い

1980年代までは「消費者金融」の通称として「サラ金」という名称が使われていました。

サラ金と闇金は似たような言葉なので、今でも消費者金融に対して闇金と同じように怖いイメージを持つ方もいらっしゃいます。

消費者金融と闇金は完全に別ものだと認識してください。

闇金

法律を無視してお金を貸す業者のこと。

正式に貸金業としての登録をしていない貸金業者や、違法な高金利で貸し付けをする業者です。

サラ金

「サラリーマン金融」の略称。会社員や主婦などの個人を対象とした小口金融を指しています。

代表的な「サラ金」としては、アコムやプロミス等です。

よく街中やテレビで見かける消費者金融は、国に事業を登録した正規の貸金業者です。「貸金業法」という法律に従ってお金を貸しています。

消費者金融での貸付額の条件は、「総量規制」によって年収の3分の1までに制限されています。多重債務者を増やさないことを目的として、2010年に貸金業が改正された際に「総量規制」が追加されました。

スポンサーリンク

 

総量規制とは?

貸金業法により、お客様が貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことです。具体的には、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができません。

※この規制が適用されるのは、貸金業者から個人が借入れを行う場合です。  銀行からの借入れや法人名義での借入れは対象外です。  また、住宅ローンなど一般に低金利で返済期間が長く、定型的である一部の借入れについては、  総量規制は適用されません。(引用元:JICC

 

 

闇金に借りた後の生活

闇金は法律を無視した違法な貸付業者なので、大変緩い融資条件(無審査)を設定している代わりに、高金利の貸付を行います。

闇金の金利といえば、よく「トイチ(10日で1割)」と言われますが、実際には「トゴ(10日で5割)」ということも普通にあるようです。5万円借りて1年間返済を怠れば、利息だけで912,500円になってしまう計算です。

一度闇金に目をつけられると、本人への厳しい取り立てだけでは済みません。あなたが返済を拒むと、家族や職場、近所の方への嫌がらせが始まります。

1日に何度も職場へ電話がかかってきたり、身内の職場にまで連絡してきます。子供の学校にまで嫌がらせが及ぶこともあるようです。

返済がされない間は金利が膨れ上がり、始めは気軽に少額を借りたつもりだったのに、気付いたら何十倍もの高額になってしまったというケースが多くあります。

万が一完済できたとしても、一度伝えてしまったあなたの個人情報は同業者同士でやり取りされているのです。

別の闇金から勧誘されたり、狙われるハメになります。

地獄から抜け出す解決策

借金地獄になりたくないなら、闇金を熟知したプロに依頼することが大切です。一度手を出してしまった闇金と手を切るなら、プロに手伝ってもらうほかはありません。

闇金は違法な貸付業者なので、もし借り入れしてしまった場合でも法的には返済義務が発生しません。

対策の一つの方法として警察に被害届を出すという選択肢もありますが、早急に対策をとってくれるかというと疑問があります。

闇金問題に強い対応実績が多い法律事務所に相談して、家族や職場に借金がバレてしまう前に速やかに解決する方が賢明でしょう。

 

まとめ

借りれる正規の貸付業社がなくなり借金が膨れ上がってしまったら、闇金には絶対に手を出さず、代わりに自己破産などの債務整理の相談をしましょう。