ブラックの人でもクレジットカードを作れるのか?

クレジットカード

クレジットカード利用代金を滞納したり、未払いが続いた場合や自己破産を行った場合、事故情報として信用情報機関に登録(ブラックリストに載るということ)されることになります。

ブラックリストに1度載ると、事故情報の記録が消えるまでの間新しくクレジットカードを作るのは大変困難になります。クレジットカード会社も多くの人にカードを発行して儲けを得たいものですが、ブラックリストに載っている人に対してカードを発行を認めない会社が大半と言ってもいいでしょう。

ブラックリスト対象の例

クレジットカードを作る事ができないブラックリスト入りしてしまうのは下記に当たる人です。

  • 無断でキャッシングの返済を61日以上滞納してしまった
  • 無断でカード料金の返済を61日以上滞納してしまった
  • 無断でカードローンの返済を61日以上滞納してしまった
  • 数年前に自己破産や任意整理といった債務整理を行った

心当たりがある人は、まずネット上にあるWeb診断がおすすめです。アコムACマスターカードのウェブページには3秒診断というツールがあり、必要事項を入力するだけでカード発行の可・不可がわかるようになっています。つまり、この3秒診断で「発行不可」とされた場合は、上記の理由を含め、ブラックリストに登録されている可能性が高いと言えます。

 

ブラックでも審査に通る可能性

実際にはブラックリストに載ってしまっている人も審査対象にしているクレジットカード会社があると言われています。

カード会社は1人でも多くの人にカード発行をすればその分儲けを得ることが出来ます。カード会社の収益としてあげられるのが、カードの利用手数料。つまり、カードを利用してくれる人が多いほど儲けが増えることに繋がります。

実際にブラックの人が申し込む

実際にブラックの人が新しいクレジットカードを作る際に気をつける点があります。

まず、ブラックはおおまかに下記の2つに分けられます。

  • 現在も滞納している人
  • 過去に滞納していたが、現在は支払いを終え、記録のみ残っている人

この2つの中で審査に通る可能性のあるのは、2つ目の「過去に滞納していたが、現在は完済している」人のみです。現在も滞納している人に、新しくクレジットカードを発行しても返済する能力はないとみなされるからです。

ブラックの記録が残っている人に対しての新規発行申し込みへの審査は厳しいものとなっています。ハードルは高めですが、可能性がないわけではありません。

ブラックでも作りやすいと言われているカード

VISAデビットカード

金融ブラック、自己破産していても作れるカード。

こちらはクレジットデビットと呼ばれているもので、「クレジットカード決済ができるデビットカード」です。

ネットゲームはスマホアプリ購入にはクレジット決済が必要な場合が非常に多いですよね。ネットで買い物する場合もクレジットカードなしではそのサイトの会員にすら慣れない場合もあります。VISAデビットを利用することで、クレジットカードが作れない場合でも、クレジット決済ができ非常に便利です。

👉 VISAデビット公式サイト

VISAとついていますが、クレジット決済が可能なデビットカードなので、基本的に即日口座引き落としのシステムになっています。口座残高がない場合は使えない場合もあるので要注意です。

最近では、VISA以外にも発行されるようになってきており、楽天銀行デビットカード(JCB)の場合は、「入会審査なし」と公式サイトに記載されています。入会審査がありませんので、書類記入の不備がない限りブラックの人でも持つことができるクレジット・デビットカードとなっています。

海外系のクレジットカード

クレジットカードには、数種類の系統があり、海外系のクレジットカードであるアメリカン・エキスプレス、ダイナーズなどは、VISAやJCBなどの審査と異なり、信用情報機関への照会をしないこともあると言われています。

キャッシング枠

海外系のクレジットカード審査に無事通った場合でも、キャッシング枠はブラックリスト入りをしてから5~7年は期間が空いて無いと作れないと言われています。

まとめ

ブラックリスト入りしてしまうと、クレジットカードを持つことは非常に難しくなります。借り入れの際には、しっかりと自分の返済能力を理解し、返済計画を立てて滞りがないように返済を進めていきましょう。