ブラックになっても出来ること

ブラックになっても出来る

ブラックリスト入りしてしまうと、信用情報に事故情報が追加されます。
ブラックリストになった場合何ができて、何ができないのでしょうか。

ブラックリスト入りしてもできること

そもそもブラックリストって?

ブラックリストは「信用情報に遅延や債務整理などの事故情報が追加されること」を言います。
事故情報は、異動情報とも呼ばれています。信用情報は信用情報機関が管理しています。
実際にリストやデーターベーズは存在していません。
ブラックリストは事故情報の種類により、5年~7年程で消去されるようです。

ブラックリスト入りしてもできること

基本的に信用情報を必要としないことはブラックリスト入りをしても行うことが出来ます。

信用情報を必要としない貸付

市区町村が行っている生活福祉資金貸付制度や年金担保融資、積み立て型の生命保険の契約者貸付などは、信用情報を必要としない貸付方法です。
信用情報は必要ないので、ブラックリスト入りをしていても申し込むことが出来ます。

 

家族カードの利用

クレジットカードには「家族カード」というものがあります。家族カードは、契約者の夫または妻、子供などが利用できるカードです。
契約者の信用情報が適用されるので、例えば契約者の配偶者が債務整理を行った場合などでも家族は家族カードを利用する事ができます。

携帯電話の契約・一括購入

携帯電話の新規契約や追加契約などは問題なく行なえます。
注意する点は、携帯電話の端末を購入し、支払いオプションを選ぶ時に、分割を選ぶことは出来ない、ということです。
一括払いで購入することは出来ます。

スポンサーリンク

 

就職・転職

就職や転職は信用情報を参照して行われないため、ブラックリスト入りした場合でも行うことが出来ます。

デビットカードの利用

デビットカードはクレジットカードとは異なり、事前に入金が前提となり利用することができるカードです。
そのため、信用情報は参照されませんので、心配なく利用することが出来ます。

 

ブラックリスト入りしたらできないこと

ブラックリスト入りした場合は、信用情報を参照して契約などをするものは出来なくなります。

クレジットカードの利用
クレジットカードは信用情報をベースとして発行されるので、新たなクレジットカードを作成・利用することも出来なくなります。

借入れ
ブラックリスト入りすると、新たに各種金融機関から借入を行うことは基本的に出来なくなります。
各種ローン(自動車、車検、住宅ローン等)も含まれます。

携帯電話の分割購入
さきほど述べたように、ブラックリスト入りしても携帯電話の一括払い購入はできますが、分割での購入は出来なくなります。
分割払いはローンと同じ仕組みなためです。

保証人
ブラックリスト入りしてしまうと、保証人になることは出来ません。保証人になる際にも、信用情報を参照にされます。

まとめ

ブラックリスト入りしてしまうと、金銭に関するすべてのことを制約されてしまうようなイメージがありますが、デビットカードなどの利用は可能です。
生活不可能になるわけではありませんが、不便になることは確実ですので、日頃より借入金の返済は遅延なく進めていきましょう。

審査緩め即日融資を探す

広告

 

 

ブラックになっても出来る