カードローンはどうやって返済するの?

カードローン返済

お金の借入をした後は、もちろん返済をしなければなりません。お金を借り入れる際に、審査や借入に関しては積極的に情報を調べるものの、返済に関してはぼんやりとしたイメージしか無い、という方が多いようです。

カードローンにはどのような返済方法があるのか、どのように返済を進めていくのか、効率的に返済するポイントなどを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

代表的な返済方法

インターネット経由

最近多いのが、このインターネットを介して返済するという形です。パソコンはもちろん、アプリやスマホから返済出来るので、時間や場所を気にせず返済を進めることが出来ます。ネットバンキングを利用できるカードローンには、新生銀行カードローンレイク、みずほ銀行カードローンなどがあります。インターネットバンキングを利用して返済すると、24時間365日借入と返済が可能になるというカードローン商品もあります。

インターネットで返済できるのはとても便利ですね。

ATM

カードローンの専用ATM、コンビニATMから返済する形です。ATMまで出向く必要がありますので、返済期日を覚えている方におすすめの返済方法です。

コンビニATMは24時間受け付けていることが多いので、返済する時間帯が決まっている人にはとても便利と言えます。通帳に返済に関する記載もされませんので、誰にも知られることなく返済を進めることが出来ます。

銀行振込

銀行での振込を利用して返済する形です。振込手数料がかかるので、手数料が気になる方にはおすすめできません。通帳記入すると記録が残ります。

窓口

カードローンを申し込んだ銀行、消費者金融の窓口に実際出向いて返済する形です。先程も述べたように、インターネットから返済をする方が多く、窓口での返済は減少傾向にあります。

返済の種類

カードローンの返済には2つの種類があります。

約定返済

毎月決められた期日に返済を行うことです。カードローンの多くは約定返済です。借入総額に応じた金額を返済を行う日(約定返済日)に返済します。月に1回返済します。

随時返済

名前の通り、随時、いつでも返済が可能な方法です。臨時にお金が入ったときなど、経済的余裕がある時に、多めの金額を払います。利息の軽減をはかることも出来ます。

返済の流れ

 各金融機関より金銭の借入を行う
      ↓
 返済日の確認・ネットバンキングでの会員ページ、郵送物、お知らせメールなどで確認可
      ↓
 約定返済日までに、指定された金額を返済する

約定返済日が指定されている場合、必ず指定日、指定額を返済しましょう。理由に関係なく、「遅延」という記録がのこり、金融事故=ブラックリストに載ることになります。ブラックリストに載ってしまうと、将来のクレジットカードやローンの申込みに大きな支障をきたすことになります。1日だけだから大丈夫、1回だけだから大丈夫、などと軽い気持ちで返済が滞ることのないようにしましょう。

賢く返済する

賢く返済するポイントをまとめてみました。

延滞を防ぐための返済期日設定

返済期日を選ぶことが出来る場合は、給料日の翌日に設定すると延滞を防ぐことが出来ます。そうすることで、返済当日にお金がない、ということを防ぐことが出来ます。

延滞をしてしまうと、遅れた分の日数分、高金利がつきます。そして先程にも述べたように、金融事故が記録されてしまいます。返済期日が銀行やカードローン会社の休業日に当たる場合、土日祝日にかぶる場合は、翌営業日が返済期日となりますので覚えておきましょう。

手数料無料のATMを利用

ATMを利用すると、手数料が発生する場合があります。とても便利な返済方法ですが、手数料はなるべく払いたくないものです。特に消費者金融のATMの場合は一般的に100~200円と言われています。少額ですが、繰り返し利用すると出費になってしまいます。

提携ATMから返済すると手数料がかかりますので、自社ATMを利用するのがおすすめです。大手消費者金融の場合は、主要駅に自社ATMが設定されていることが多いようです。

随時返済を利用する

カードローンの毎月の最低返済金額以上に返済することもできます。カードローンの金利は日割りで計算されていますので、一日でも早く返済すればその分利息が安くなります。随時返済はいつでも利用できるので、経済的に余裕ができた時に無理のない範囲で進めていくことが大事です。

スポンサーリンク

 

まとめ

借りたお金は必ず返済しなければなりません。最近では返済シミュレーターをインターネットで公開しているウェブサイトもあります。返済シミュレーターで、自分にあった返済額や機関を考慮した返済計画をシミュレーションできます。とても便利なので、ぜひ利用してみてください。