【徹底解説】おまとめローンの特徴を知ろう

おまとめローン

信用情報機関に金融事故が記録されてしまうと、ブラックリスト入りしたことになり、5~10年ほどは通常の借入・ローン・クレジットカードの契約等が非常に困難となります。

借金が増えてしまって、債務整理手前・・・という場合、債務整理を始める前に、「おまとめローン」について知っておきましょう。

おまとめローンとは?

おまとめローンとは、名前の通り、ローンを一本にまとめる方法のことを言います。ローンを一本にまとめるというのは、複数業者からの借金を借り換えによって一本化する、ということです。つまり、複数業者からの借入が、「一社からの借入」となるわけです。

メリット

おまとめローンを利用し、一社からの借入、となることにより、月に複数あった返済日も一つとなるので、返済金の管理が格段としやすくなります。複数業者から借りる状態よりも低金利のローンにまとめることも可能です。低金利のローンにまとめることができると、返済総額を減らすことが出来る可能性が高くなります。

おまとめローン=借金に困ったときの救済措置と言えますね。

以下わかりやすくおまとめローンの例を挙げてみました。

  ローンA 30万円とローンB20万円の二つの会社から合計50万円の借金がある。
   ↓
  ローンA,Bよりも金利の安いローンCで50万円を借りる
   ↓
  ローンCで借りた50万円で ローンAとBを完済する
   ↓
  ローンAとBは完済済みなので、ローンC50万円分のみ返済をしていく

このように、新しく借金分を1つの会社で借入を行い、複数社からの借金をまとめて返すシステムとなっています。返済のみを目的としたおまとめ専用ローンを商品としている会社もあります。

デメリット

デメリットとして挙げられるのが、現状のローンより安い金利があるのか、ということです。これは借入先の金利にもよりますが、現状より高くなってしまってはおまとめローンの意味が薄れてしまいます。

一本化することで毎月の返済額は減っても、返済期間が長くなってしまった場合は、返済金額の合計が結局増えてしまったともなりかねません。そのようなケースになってしまわないように、しっかりと下調べ、シュミレーションを行うことが重要です。

実際のおまとめローンの審査はどんな感じ?

おまとめローンの審査は、普通のローンに比べると審査が厳しい傾向があるようです。

厳しい理由としてあげられるのが、おまとめローンの申込者はすでに借金を複数社から行っているので、返済能力の有無を問われるからです。複数の借金をまとめるわけですので、借入金額が必然と多額になることも審査が厳しい理由の一つと言えるでしょう。

審査のポイント

・ 借入件数と、借入合計金額

・ 年齢・年収・勤続年数などの申込者の属性要素

・ 過去の返済履歴

このような点に審査のポイントが置かれています。普通のローン審査には通る状態でも、おまとめローンの審査に通らないということもありますので念頭に置いておきましょう。ブラックリスト入りをしている場合は、審査に通る可能性はほぼゼロです。

おまとめローンの金利は銀行系は消費者金融に比べると高めとなっています。銀行系が厳しい場合は、消費者金融をあたってみましょう。

おまとめローンを提供している消費者金融

プロミス、アコム、アイフルなどがあります。大手消費者金融ですので、安心して手続きを行うことが出来ると言えますね。

プロミス

  • 金利 6.3%~17.8%
  • 限度額 300万円
  • 返済期間 最長10年、120回払

アコム

  • 金利 7.7%~18.0%
  • 限度額 300万円
  • 返済期間 最大で13年7ヶ月

アイフル

アイフルには2種類おまとめ専門プランがあります。
アイフルの利用履歴がある人は「借り換えMAX」、アイフルを初めて利用する人は「おまとめMAX」を利用することが出来ます。
2つのプランの違いは金利です。  

「借り換えMAX」 金利12.0%~17.5%

「おまとめMAX」 金利12.0%~15.5%

  • 限度額 500万円
  • 返済期間 最長10年、120回払

金利や限度額、返済期間は随時変更されている可能性がありますので、利用する際には必ず最新の情報をインターネットや店舗に問い合わせをして確認して下さい。

まとめ

ローンを一本化する=借金が減ったわけではありません。一本化した場合は、毎月の返済を怠らず、しっかりと返済をしていきましょう。

お金を借り入れる際には、闇金、街金からは絶対に借りてはいけません。借金を増やしてしまう結果となります。

審査緩め即日融資を探す

広告