【大手消費者金融を解説】プロミスでの返済

プロミス返済

実際にプロミスで返済するにはどのような方法があるのでしょうか。本コラムではプロミスで実際に返済していくにあたり、どのような返済方法があるのかを詳しく解説していきます。

 

プロミスでの返済

返済方法 

 下記一覧のように、プロミスには利用者のニーズに合わせた多彩な返済方法があります。 

  

 

インターネット 
返済 

口座振替 

店頭窓口 

プロミスATM 

コンビニ 

Web手続き 

 

 

 

 

 

土日返済 

 

 

 

 

 

来店不要 

 

 

 

 

 

手数料0円 

 

 

 

 

 

24時間返済 

 

 

 

 

 

返済計画相談 

 

 

 

 

 

 

その他の返済方法: 提携ATM (手数料あり) 

          銀行振込 (振込手数料は利用者負担・振込先口座は会員サービスで確認もしくはプロミスコールに電話確認) 

 

上記一覧の返済方法を詳しく見ていきましょう。 

 

インターネット返済 

インターネット返済の場合、パソコン・携帯電話・スマートフォンを利用して返済を行うことができます。24時間・土日祝日を含むいつでも返済が可能ですので利便性のある返済方法と言えます。インターネットを利用しますので、処理が即時行われます。 

 インターネット返済は、会員サービスから利用可能で、下記の銀行インターネットバンキングを利用している方はすぐに利用可能です。 

 ・みずほ銀行 

 ・楽天銀行 

 ・ジャパンネット銀行 

 ・三井住友銀行 

 ・三菱UFJ銀行 

 

口座振替 

           

口座振替(口フリ)は手持ち口座から返済を自動引落することも可能です。こちらも会員サービスから申込み、口座振替には手数料はかかりません。 自動引落となりますので、店頭窓口やATMに出向く必要がなく、返済日を忘れがちな方にはおすすめの返済方法と言えます。 

口座振替の詳細は利用する金融機関により違いが出てきます。 

金融機関 

三井住友銀行/ジャパンネット銀行 

その他の金融機関* 

申し込み方法 

契約後にインターネット会員サービスより申込み 

返済期日 

5日・15日・25日・末日のいずれか 

毎月5日 

引き落とし開始日 

前日までの登録で次回返済期日より 

次回返済期日に間に合わない場合あり 

引き落とし後借入残高への反映 

当日 

3営業日後 

手数料 

0円 

0円 

*一部取扱不可な金融機関があります。プロミスに問い合わせをして確認しておきましょう。 

 

上記をみてもわかるように、三井住友銀行もしくはジャパネット銀行を利用する場合、返済期日が4つから選べ、借入残高への反映も当日とスムーズに返済を行うことができます。 

 

口座振替の手順 

  1. 会員サービスにログイン。ログインはカード番号と暗証番号を利用します。 
  2. 返済メニューから口座振替を選択しクリック。 
  3. 金融機関を選択します。 
  4. 指定の金融機関で口座振替の申込みを行います。 

 

口座振替が完了すると、毎月の返済日に利用者が設定した口座から返済額が自動で引き落としされます。 

 

店頭窓口 

実際のプロミスの店舗(サービスプラザ)へ出向き、返済を行います。店頭で返済の場合、返済計画の相談をすることもできますので、不安な方は店頭での返済がおすすめです。 

 

プロミスATM 

全国に設置されているプロミスのATMで返済する方法です。自宅や職場近くにプロミスATMがある方におすすめの返済方法です。 

 

コンビニ 

コンビニに設置されているメディア端末を利用して返済する方法です。ローソン・ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートからの返済は手数料が0円で返済をすることができます。コンビニをよく利用する方にオススメの返済方法です。 

 

提携ATM 

プロミスのステッカーが貼ってあるATMで返済ができます。提携ATMでの返済は手数料が発生しますので事前に確認しておきましょう。主な提携ATMは、三井住友銀行・イーネット・ローソンATM・セブン銀行などが挙げられます。 

 

銀行振込み 
   

自宅や職場近くの銀行からプロミス銀行へ振込を行う返済方法です。振込手数料は利用者負担です。振込先の口座は、会員サービスかプロミスコールで確認することができます。 

手数料がかかりますので、おすすめの返済方法とは言えません。 

 

返済期日 

返済期日は、三井住友銀行またはジャパンネットを利用する場合、5日、15日、25日、末日の中から、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。 

*その他の金融機関から口座振替による返済を希望する場合は、返済吉日は5日となります。 

スポンサーリンク

 

 

 注意する点 

  1. 返済期日がプロミスの休業日(土・日・祝日・年末年始)に当たる場合、返済期日は翌営業日となります。 
  2. 計画的な返済を進めるため、給料日に合わせて返済期日を選ぶ方法をおすすめします。 

初回の返済期日は、初回借入日と選択した返済期日により変動します。下記一覧を参考にしてみてください。 

 

返済期日 

借入日 

初回返済期日 

毎月5日 

1日~19日 

借入日の翌月の返済期日 

20日~末日 

借入日の翌々月の返済期日 

毎月15日 

1日~末日 

借入日のの返済期日 

毎月25日 

1日~9日 

借入日の同月の返済期日 

10日~末日 

借入日の翌月の返済期日 

毎月 末日 

1日~14日 

借入日の同月の返済期日 

15日~末日 

借入日の翌月の返済期日 

*こちらの表は2011年9月26日以降に契約された方が対象です。 

 

返済期日は、借入時、もしくは返済時に交付される「ご利用明細書」に記載されています。 

 

 

返済金額 

プロミスでの毎月の返済金額は、最終借入後の借入残高に応じて変動する「残高スライド元利定額返済方法」です。毎月の返済金額以上であれば、利用者の都合に合わせて、多く返済することも可能です。 

 

返済金額の算出方法 

  

借入後残高 

返済金額 

返済回数 

30万円以下 

借入後残高x 3.61%1,000円未満切り上げ) 

36 

30万円超過~100万円以下 

借入後残高2.53%1,000円未満切り上げ) 

60 

100万円超過 

借入後残高1.99%1,000円未満切り上げ) 

80 

 

 

返済金額の計算例: 

借入後残高 x 借入後残高に対する一定の割合 → 返済金額(1,000円未満切り上げ)    

  • 5万円 × 3.61%=1,805円     → 2,000 
  • 50万円 × 2.53%=12,650円   → 13,000 
  • 150万円 × 1.99%=29,850円   → 30,000

現在プロミスを利用中の方は、会員サービスより返済金額を確認することが可能です。 

 

返済期日に間に合わない場合 

万が一返済が、返済期日に間に合わない場合は、返済期日前にプロミスコールに相談しましょう。 

会員サービスで、返済日をメールで知らせてくれるサービスもありますので、積極的に利用しましょう。 

返済期日に遅れた場合、遅延利息が発生します。 

 

まとめ 

プロミスの返済方法をご紹介しました。多彩な返済方法が特徴的なプロミス、自分にあった返済方法を選んで、確実に返済を進めていきましょう。 

 

プロミス返済

審査緩め即日融資を探す

広告