【大手消費者金融を解説】アイフルへの申込み

カードローン

アイフルはスピーディーな融資実行に定評のある大手消費者金融で、利用を考えている方も多いと思います。今回はアイフルで実際に借入の申込をする場合の流れを見ていきましょう。

目安となる「お試し審査」

実際の審査の前に、「1秒診断」というお試しでできる審査があります。お試し審査には以下の4つを記入する必要があります。

  • 年齢
  • 雇用形態
  • 年収
  • 他社借入金額

簡易の審査なので、目安として利用すると良いでしょう。なお、この審査は申込みとは異なりますので、信用情報に記録は残りません。

スポンサーリンク

 

申し込みの流れ

簡単な申し込みの流れは以下のようになります。

  1. 申込み
  2. 審査
  3. 在籍確認
  4. 審査結果
  5. 契約手続き(書類の提出)
  6. 実際の借入・融資

1. 申込み

アイフルの申込み方法には、Web、電話、来店の3種類があります。

Web(インターネット)申込みは、24時間365日受付されており、スマホ。パソコン・ガラケーより行なえます。「Web完結」では、申込みから借入までWebで行うことができ、郵送物も一切ないという利点があります。

電話での申込みは原則9:00~21:00の間で受け付けています。

来店で申し込み場合、全国の店舗・契約ルームにて申込みが可能です。来店のさいには運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要となります。場合によっては収入証明書が必要となる場合があります。

2. 審査

申込み後に行われるのは審査です。審査結果、契約可能額は最短30分で連絡が行われます。インターネットで契約をする場合、必要書類をスマートフォンのカメラで撮影後、提出することもできます。

3. 在籍確認

在籍確認とは、キャッシング(カードローン)の申込みをした際に、申告された勤務先に虚偽なく勤めているのかを確認する作業のことです。多くの場合、在籍確認は消費者金融名でかかってくることはなく、担当者の個人名で連絡があります。

本人が不在の場合、代理応答で「xxは席を外しております」というように対応した場合は在籍していると考慮されます。

4. 審査結果

審査結果が出され、審査を通過した場合は実際の融資に向けて契約手続きに進みます。

5. 契約手続き

実際の契約では、必要書類を提出する必要があります。

6. 実際の借入・融資

実際の借入と融資は契約手続きの方法により異なります。

Web契約の場合

カードレスを選ぶとスマホアプリで原則24時間365日取引が可能です。(*契約と同時に口座振替登録で選択された金融機関で、申込者の取引時確認が完了しており、その記録が保存されている場合に限ります。)
カード有りを選ぶと、カードの受取は郵送もしくは来店で行えます。郵送の場合、カード到着前でも登録銀行への振込が可能です。

電話・来店での契約の場合

カード発行後、全国のアイフルATMや提携ATM・コンビニにて借り入れが可能。登録口座への振込も可能です。

審査基準

審査ではカードローン会社ごとに審査基準があります。もちろん内容は公開されていません。

基本的な審査内容には、以下のようなものがあります。

スコアリング審査

スコアリング審査は、属性審査とも呼ばれています。

申込者から提出された個人情報をアイフルがコンピューター処理をし、属性ごとに点数化します。その合計点で、アイフルが設けた基準点を満たさない場合は、スコアリング審査には通りません。

信用情報審査

信用情報の確認は、アイフルが加盟する2つの信用情報機関から行います。

信用情報では、申込者の過去の信用履歴・現在の利用状況を確認します。過去に金融事故を起こしている場合は、審査に通る可能性は低くなります。

在籍確認

在籍確認とは、アイフルが申込者の勤務先に実際に在籍しているのかを確認する作業です。

こちらも審査手続きの一つです。在籍確認の際には、アイフルという名前ではなく、担当者の個人名で電話がかかってきます。

審査に必要な書類

アイフルの審査には下記のものが必要書類として挙げられます。

本人確認書類

本人確認書類として以下のものが1つ必要となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的証明書
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住権証明書
  • 在留カード

ただし、本人確認書類に記載されている住所と、現住所が違う場合はいずれかの書類(原本)を併せて用意する必要があります。

  • 公共料金領収書(電気・水道・ガス・NTT・NHKなど)
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

収入証明書

アイフルの利用額が50万円を超える場合、アイフルと他社の貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合、就業状況の確認など、審査で必要と判断された場合は、収入証明書が必要となります。

収入証明書は以下のいずれかのものが必要です。最新のものを用意しましょう。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヶ月)
  • 所得証明書
  • 納税通知書、住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 年金証書、年金通知書
  • 収支内訳書
  • 青色申告決算書

審査に落ちた場合は?

審査に落ちた場合は下記の原因が挙げられます。

個人信用情報に問題があった(債務整理、遅延履歴など)

アイフルに限らず、個人信用情報に問題がある場合、審査通過は厳しいと言えます。個人信用情報は信用情報機関に情報開示請求をすると確認することができます。

「申込み条件」に該当していない

ローンの申込みには申込み条件があります。アイフルの場合は、定期的な収入と返済能力がある方でアイフルの基準を満たす方、となっています。ここでいう定期的な収入、とは月1回以上の収入があること、そして返済能力は、安定して継続的に返済ができる能力を指します。毎月の収入が安定していることが大事と言えます。

他社のとの合計借入額が総量規制以上である(年収の3分の1)

アイフルから借り入れる前に、他社から年収の3分の1近く、もしくはそれ以上のお金を借入れている場合、総量規制の対象に引っかかってしまいます。そのため、審査に通ることはほぼないと言えるでしょう。

総量規制に引っかかってしまった場合

  1. まず他社からの借入れをまず返済する
  2. 借金が減らない場合はローンの1本化も検討する

まとめ

大手消費者金融のアイフルを紹介しました。アイフルではフリーダイヤルも充実しており、はじめての方には「はじめての方専用のフリーダイヤル」が設置されています。

借入やローンなど、まずは相談してみると良いでしょう。
借入れを行う際には、自分の返済能力をしっかりと把握し、手続きを進めていきましょう。

審査緩め即日融資を探す

スポンサーリンク

Random Posts